メンテナンスのため、9月28日(火)及び29日(水)午前1時以降、一時的に閲覧できない状態が発生します。詳細は、お知らせをご覧ください。

《鳥取県水素エネルギー推進ビジョンの骨子》

・目標年

 2030年

・数値目標

  1. 水素ST整備基数 10基(うち再エネ由来5基)
  2. FCV普及台数 4,400台(うちバス10台)
  3. 家庭用エネファーム普及台数 10,000台   

・取組方針

 FCV導入加速に向けた環境整備と家庭・事業所の省エネ・再エネ化の推進。

・具体的施策の展開と方向性

 〈フェーズ1〉水素エネルギー実証拠点整備(スマート水素STとスマートハウス)

 〈フェーズ2〉各家庭への補助制度を創設し、県内のスマートハウス化を促進
 〈フェーズ3〉医療機関や物流分野における水素利活用を推進
 〈フェーズ4〉関西から山陰地方への玄関口として、県東部へ商用STを整備
 〈フェーズ5〉広域連携により水素サプライチェーンを形成し、オフサイト商用STを整備
 <企業局の取組>再エネ由来CO2フリー水素製造と水素発電・燃料電池による供給

 鳥取県水素エネルギー推進ビジョン概要版(PDF:137KB)


最後に本ページの担当課   鳥取県 生活環境部 脱炭素社会推進課
 住所 〒680-8570
     鳥取県鳥取市東町1丁目220
 電話 0857-26-72050857-26-7205(温暖化対策担当)
    0857-26-78790857-26-7879(新エネルギー担当)
 ファクシミリ 0857-26-8194
 E-mail datsutanso@pref.tottori.lg.jp

Copyright(C) 2006~ 鳥取県(Tottori Prefectural Government) All Rights Reserved. 法人番号 7000020310000