新型コロナウイルス感染症拡大に伴う運転免許証更新の延長措置について

 運転免許証の有効期間について、 令和3年12月28日(火)までに運転免許証の有効期間の末日が到来する方で、新型コロナウイルス感染症の影響により、通常の更新手続が困難な方(感染が心配で他の人と一緒に更新時講習を受けたくない方等)は、有効期間の末日までに各運転免許センターの窓口で申出されると、運転免許証が引き続き有効なものとなるよう、更新可能期間の延長措置(3か月)を受けることができます。

(受付時間:平日 8時30分~12時00分・13時00分~16時00分)

ただし、

 

  • 有効期間の末日までに申請を行わなかった場合
  • 申請後であっても延長された有効期間内に運転免許証の更新手続きを行わなかった場合

 

には運転免許証が失効し、自動車等を運転できなくなります。

 

※延長措置を受けるためには、一度免許センターにご本人が来所していただく必要があります。
※延長措置の期間内に、免許センターで通常どおり(講習を受講する必要あり)の更新手続きを行ってください
※委任状があれば代理の方(申請者の3親等以内の方)による申請も可能です。お近くの免許センターにて委任状を受取もしくはホームページからダウンロードした委任状に必要事項を記入して申請してください。なお、代理申請の際には申請者の運転免許証(コピー不可)と代理人の方の身分を証明するもの(運転免許証、保険証など)が必要となります。

 委任状様式・記入例 (pdf:66KB)

※一度、延長の手続を受けられた方も、延長した有効期間の末日が令和3年12月28日(火)までに到来する方は、再延長の手続を行うこともできます。(延長した有効期限が過ぎてからの再延長手続きはできません。)

 

詳しくは、お近くの運転免許センターまでお問い合わせください。

【問合せ先】

 東部地区運転免許センター 0857-36-1122

 中部地区運転免許センター 0858-35-6110

 西部地区運転免許センター 0859-22-4607

 厚生労働省ウェブページ(「新型コロナウィルス感染症について」へのリンク)

 鳥取県ウェブページ(「新型コロナウィルス感染症特設サイト」へのリンク)

更新日:2021年10月7日
  

Copyright(C) 2006~ 鳥取県(Tottori Prefectural Government) All Rights Reserved. 法人番号 7000020310000