所長あいさつ

 日頃より、鳥取県教育センターの事業にご理解とご協力をいただきありがとうございます。

 当センターの前身は、仁風閣にあった「鳥取県教育研究所」です。その後、昭和48年4月に現在地に「鳥取県教育研修センター」が開所され、平成14年4月に今の「鳥取県教育センター」として変更されました。現在地に開所されてからは、本年度で48年目ですが、前身の「教育研究所」を加えると、71年目を迎える歴史ある教育センターです。以来、今日まで本県教育の振興を図ることを目的に、国の教育改革の動向や本県教育の教育課題を踏まえながら、教職員の研修・調査研究・学校支援を行ってまいりました。

 グローバル化や人工知能・AIなどの技術革新が急速に進み、予測困難な時代がこれからやってきます。子どもたちには自ら課題を見つけ、自ら学び、自ら考え、自ら判断して行動し、よりよい社会や人生を切り拓いていく力が求められます。教職員には、自律的に学ぶ姿勢をもち、時代の変化や自らのキャリアステージに応じて求められる資質能力を、生涯にわたって高めていくことが必要とされています。そこで、本センターの役割であります「研修・研究・支援」はますます重要度を増しています。

 今、教員の大量退職・大量採用に伴い、「人材育成」は重要な課題の一つであります。また、全ての子どもたちの可能性を引き出す個別最適な学びと協働的な学びの実現のため、「教職員のICT活用指導力の向上」は必須となっています。

 このような中、若手育成を中心にした校内人材育成の体制づくりに役立てていただきたいということから『OJTによるとっとり人材育成の手引き』を作成しました。是非とも活用していただき、若手教員も中堅教員も管理職も互いに『育ち合い』をキーワードに、校内の人材育成を推進していただきたいと思います。

 また、今年度からは、新たに「GIGAスクール推進課」を立ち上げました。Society5.0時代に求められる情報活用能力の育成をめざした授業づくりの学習プロセスの展開や、次代を担うリーダー育成など、新たな時代を見据えた最先端の教育の研究・普及に取り組むこととしています。

 こうしたことを踏まえ、当センターでは、状況に応じた教員研修の機会の提供や教育実践に役立つ情報を発信し、「学び続ける教師」を支援し、全ては子どもたちの笑顔のために、業務を推進してまいります。

 今後とも教育センターの事業につきまして、より一層のご理解とご協力をよろしくお願いいたします。


    令和3年4月
 
                              鳥取県教育センター所長 小谷 洋子


最後に本ページの担当課
   鳥取県教育センター
   住所  〒680-8570
            鳥取県鳥取市湖山町北5-201
   電話  0857-28-23210857-28-2321    
   ファクシミリ  0857-28-8513
   E-mail   kyoikucenter@pref.tottori.lg.jp

Copyright(C) 2006~ 鳥取県(Tottori Prefectural Government) All Rights Reserved. 法人番号 7000020310000