鳥取県CO2削減につながる省エネ推進モデル事業補助金

【委員公募】鳥取県CO2削減につながる省エネ推進モデル事業補助金審査会委員

以下のとおり鳥取県CO2削減につながる省エネ推進モデル事業補助金審査会委員の委員を公募します。

 

(1)附属機関の名称
 鳥取県補助金等審査会(鳥取県CO2削減につながる省エネ推進モデル事業補助金(民間連携型ゼロカーボン普及啓発事業)審査会)

(2)設置目的
鳥取県附属機関条例(平成25年鳥取県条例第53号)第2条第3項の規定に基づき設置されるものであり、鳥取県CO2削減につながる省エネ推進モデル事業補助金(民間連携型ゼロカーボン普及啓発事業)の補助対象事業の採択に関する事項について調査審議するため

(3)役割
 鳥取県CO2削減につながる省エネ推進モデル事業補助金(民間連携型ゼロカーボン普及啓発事業)審査会に出席し、その他の委員とともに補助対象事業の採択に関する事項について審査し、選定を行う。

(4)募集人数
 公募する委員は1名とする。

(5)応募資格
次のすべての要件を満たす鳥取県民であること。
  鳥取県民の方で、次のすべての要件を満たすこと。
ア 県内に住所地を有する満18歳以上の方(令和4年4月1日現在)
イ 地球温暖化対策に繋がる取組に関する知識、関心があり、鳥取県CO2削減につながる省エネ推進モデル事業補助金の応募案件の審議に参加する意欲をお持ちの方
ウ 令和4年度に本補助金へ応募(予定)する案件の関係者でない方
エ 主に鳥取市内で平日昼間に開催される審査会での面接審査に対応可能な方(年1~2回)
オ 県が設置する他の執行機関及び附属機関の委員に就任していない又は就任する予定のない方
カ 鳥取県暴力団排除条例(平成23年鳥取県条例第3号)に規定する暴力団員等でない方
キ 国会議員、県議会議員、市町村長、市町村議会議員及び県職員でない方

(6)募集期間
 令和4年4月14日(木)~4月25日(月)午後5時


(7)任命の時期及び任期
 任命の日から令和4年10月31日まで

(8)委員報酬
 県の規定による謝金及び旅費

(9)審議会等の開催回数・頻度
 任期中に1~2回

(10)応募方法
 所定の応募様式により、期限までに提出先に必要事項を記載した書類を郵送、電子メール、持参のいずれかにより提出すること。

(11)公募委員の決定方法
 応募書類による書類選考により脱炭素社会推進課職員が候補者を選定し、生活環境部長が決定する。

(12)応募・問合せ先
 鳥取県脱炭素社会推進課 温暖化対策担当
  電話  0857-26-7205
 電子メール datsutanso@pref.tottori.lg.jp

※鳥取県附属機関委員公募実施要領 第4に基づく

 

 募集要項 (pdf:93KB)

 応募用紙 (docx:23KB)

 
  

【事業募集】鳥取県CO2削減につながる省エネ推進モデル事業補助金

 県では2050年の温室効果ガスを実質ゼロにする「ゼロカーボン」の達成に向けて、民間団体等が実施する住民向けの普及啓発の取組等を支援し、地域における省エネ意識の定着を図ることを目的とした標記補助金を創設しました。
 本補助金について、以下のとおり募集します。

 

1 募集期間   

  令和4年4月14日(木)から5月27日(金)まで

2 補助対象者  

  NPO法人、民間団体等
  ※社会貢献的な活動を対象とし、営利のみの追求や受益者が事業実施関係者に限られるものを除く。

3 補助対象事業
  ゼロカーボン達成に向けた意識啓発につながる取組(普及啓発イベント、ワークショップ、セミナー等)

4 補助率および補助金限度額
  補助率    1/2
  補助金上限額 100万円

 

  募集要項 (pdf:165KB)

  交付要綱 (pdf:129KB)

  募集チラシ (pdf:388KB)

    交付申請書 (docx:20KB)



 
  

最後に本ページの担当課   鳥取県 生活環境部 脱炭素社会推進課
 住所 〒680-8570
     鳥取県鳥取市東町1丁目220
 電話 0857-26-72050857-26-7205(温暖化対策担当)
    0857-26-78790857-26-7879(新エネルギー担当)
 ファクシミリ 0857-26-8194
 E-mail datsutanso@pref.tottori.lg.jp

Copyright(C) 2006~ 鳥取県(Tottori Prefectural Government) All Rights Reserved. 法人番号 7000020310000