博物館ロゴ
(topページへ戻る)
利用案内展示案内イベント案内学校利用博物館紹介資料リンク集
展示案内 

【開催中】東郷青児と前田寛治、ふたつの道

タイトル画像

 コレクション・マリアージュ:SOMPO美術館×鳥取県立博物館

東郷青児と前田寛治、ふたつの道

モダンボーイと哲学者、そして彼らが出会った日本・フランスの画家たち

東京のSOMPO 美術館と当館のコレクションから、東郷青児と前田寛治の代表作を紹介するとともに、藤田嗣治や佐伯祐三、里見勝蔵らパリに学んだ日本人画家たちの作品、さらには若き彼らに影響を与えたクールベ、ルノワール、ゴーギャン、ピカソといった巨匠たちの作品を紹介します。

会期・会場

作品画像□会期

2021年11月20日(土)~12月26日(日)

休館日:12月6日(月)
午前9時~午後5時(入館は閉館の30分前まで)

※開館延長はありません。

 

□会場

鳥取県立博物館 2階 第1・第2特別展示室

 

主催

作品画像【主催】

東郷・前田展実行委員会(鳥取県立博物館、山陰中央テレビジョン放送株式会社)

【特別協力】

SOMPO美術館、損保ジャパン

【協賛】

日本通運、モリックスジャパン、吉備総合電設、三和商事、鳥取県情報センター

観覧料

【観覧料】一般/800円 (20名以上の団体・大学生・70歳以上の方/600円)

※高校生以下、学校教育活動での引率者、障がいのある方・難病患者の方・要介護者等およびその介護者は無料

【前売り】一般のみ/600円 〈前売り券販売は終了しました〉 

展覧会について

作品画像 日本を代表する洋画家である東郷青児(とうごう・せいじ 1897年~1978年 鹿児島市生まれ)と前田寛治(まえた・かんじ 1896年~1930年 現・鳥取県東伯郡北栄町生まれ)は、ほぼ同時期に日本の地方都市に生まれ、同じように西洋美術に惹かれて画家の道へと進みました。これまでのところ二人のあいだに親交があったことは確認されていませんが、画業の初期には二人とも同時期にパリに留学し、彼の地の様々な美術や文化を吸収します。日本に戻って以降、東郷は二科会で、前田は1930年協会と帝展で自らの絵画を世に問うていきました。同時代のパリの空気を吸った二人ですが、彼らの作風は大きく異なり、モダンボーイと呼ばれた東郷のそれは、装飾的かつ洗練されたモダンな女性像により異国的情趣を伝えようするもの、一方、学者肌の絵画探究者であった前田のそれは、自身の中にある詩的感性と西洋絵画の伝統を踏まえた写実性とを作品の上で融合させようとするものでした。時代を共有しながらも、二人が西洋から受け取ったもの、そしてそれによって培われた絵画論は異なり、画家それぞれの個性に応じて、彼らの芸術は実に多様に花開いたのです。

 
作品画像 本展は、東京のSOMPO美術館(旧・東郷青児記念 損保ジャパン日本興亜美術館)の協力により、約240点の郷青児作品および東郷に関係する日本・フランスの画家の作品を収蔵する同館のコレクションから45点の作品と、約390点の前田寛治作品と前田の周辺画家の作品を収集してきた鳥取県立博物館のコレクションから50点ほどの作を選び、それらを織物のように有機的に組み合わせて構成するものです。パリを経由しつつ、大きく異なる作風を築いた東郷と前田。二人の仕事を際立たせながら、彼らが出会った日本とフランスの画家たちの作品にも焦点を当て、近代日本の洋画家たちが追い求め、築こうとしたものとは何だったのかを、あらためて見つめ直したいと思います。

Works of Seiji Togo (c)Sompo Museum of Art, 20023

 

  

展示構成

展示会場の様子

第1章 渡欧前、出会いの時代
第2章 滞欧期、交流の時代
第3章 帰国後のふたり、そして彼らの周辺の画家たち

展示構成について

 

企画展 出品作品リスト

企画展の出品作品一覧をPDFデータ(245kb)でご覧いただけます。

 

同時開催中の展示

2階 第3特別展示室で開催

美術部門テーマ展示3「線を引かざる日なし ―鳥取ゆかりの美術家による素描」

2021年11月27日(土)~2022年1月10日(月・祝)

★企画展をご覧の方は、当日に限り無料でご観覧いただけます。

 

企画展の紹介

2021年9月発行の「鳥取県立博物館ニュース32号」でも企画展について紹介しています。
 〉〉No.32(3ぺージ)PDF(2.7kB)

ミュージアムショップ

図録ミュージアムショップでは企画展図録や、関連商品を多数ご用意しております。
ご来館の際には是非お立ち寄りください。
また、当企画展会期中にミュージアムショップで商品を購入され方へ、会計1回につきポストカードを1枚プレゼントいたします。

詳しくはこちらをご覧ください。
 

いっしょにみてみて、もくようび

作品画像展示室に小さなお子様とご一緒においでいただき、気兼ねなく作品鑑賞をしていただくための時間として、会期中の毎週木曜日の午前中を「子どもと一緒の鑑賞優先時間」としています。ベビーカーを押して、ぜひお越しください。

企画展チラシ

チラシ表   

チラシの内容の詳細は↓こちらからご覧ください

企画展チラシ (pdf:713KB)

テレビCM(山陰中央テレビ)

CM

企画展担当学芸員について

鳥取県立博物館 美術振興課長

三浦 努 (MIURA, Tsutomu) 近代現代の絵画・版画・彫刻・工芸

お知らせ

新型コロナウィルス感染症拡大防止のため、本展の会期や内容に変更が生じる可能性があります。

お問い合わせ

鳥取県立博物館 
〒680-0011鳥取県鳥取市東町二丁目124 TEL.0857-26-8042 FAX.0857-26-8041

(美術振興課 TEL.0857-26-8045)

  

最後に本ページの担当課    鳥取県立博物館
    住所  〒680-0011
                 鳥取市東町二丁目124番地
    電話  0857-26-80420857-26-8042
       ファクシミリ  0857-26-8041
    E-mail  hakubutsukan@pref.tottori.lg.jp

Copyright(C) 2006~ 鳥取県(Tottori Prefectural Government) All Rights Reserved. 法人番号 7000020310000