安全運転管理者制度について

 安全運転管理者制度とは、一定台数以上の自家用自動車を使用する事業所等において、自動車の安全な運転に必要な業務を行わせる者を選任させ、道路交通法令の遵守や交通事故の防止を図ることを目的としています。
  

安全運転管理者等の選任基準

 事業主は、事業主は,選任基準に従って,一定台数以上の自動車を使用する事業所ごとに,安全運転管理者の選任が必要(20台以上の場合は副安全運転管理者の選任も必要)であり,選任した日から15日以内に事業所を管轄する警察署へ届け出なければなりません。
  

(1)安全運転管理者の選任基準

  1. 自動車を5台以上使用している事業所
  2. 乗車定員が11人以上の自動車を1台以上使用している事業所
  3. 自動車運転代行業者は,台数に関係なく営業所ごとに選任
    ※ 大型・普通自動二輪車は1台を0.5台として計算する(原付は含まない)

(2)副安全運転管理者の選任基準

自動車の台数20台以上で1名選任し、台数に応じて追加で選任する。

20台~39台 1名 
40台~59台 2名 
60台~79台  3台 
80台~99台  4台 
 以下20台毎に1名追加で選任

  

安全運転管理・副安全運転管理者に関する届出書

○はじめにチャート図に沿って必要書類を確認し、管轄の警察署の交通課窓口に提出してください。

正安管チャート(PDFファイル)

副安管チャート(PDFファイル)

↓すべての書類に事業所の押印は不要です。                                 
安全運転管理者・副安全運転管理者に関する届出書

様式(Wordファイル)

記載例(新規)

記載例(変更)

要件該当認定申請書

様式(Wordファイル)

記載例(PDFファイル)

安全運転管理及び職務経歴書

様式(Wordファイル)

記載例(PDFファイル)

 

  

Copyright(C) 2006~ 鳥取県(Tottori Prefectural Government) All Rights Reserved. 法人番号 7000020310000