12月4日(土)12時~13時は、本庁舎、第2庁舎等の電話・FAXがつながりません。詳細は、お知らせをご覧ください。

西部教育局のミッション

西部教育局のミッション = SEIBU IS ONE

1 西部地区の学校・地教委・地域団体の教育課題の解決 (情報共有と適切な支援・指導助言を行う)

2 鳥取県教育振興基本計画の実現(学校・地教委・関係機関との連携、協力体制づくりを推進し、関連する地域情報を的確に本庁へ提供する)

3 教育環境の整備(学校・家庭・地域の連携や協働を支援し、子ども・保護者の願いを実現する)

重点目標

(1) 鳥取県教育振興基本計画を踏まえ、地教委・学校が教育課題を解決し、学校教育目標が実現できるように、教職員の資質向上と効果的な人事配置を図る。

(2) 各学校の学校教育目標達成(学校経営の充実)や児童生徒の学力向上を支援するため、学校管理職と課題を共有し、学校訪問や授業研究会・研修会等での指導・助言等を実施する。

(3) 「学力向上総合対策推進事業」や西部教育局が中心となり企画・運営する各種事業・研修会等について、マネジメントサイクルを意識して効果的に実施し、その成果を検証する。

(4) 地教委や関係機関等との協働を大切にしながら、学校・家庭・地域の連携による西部地区の教育力の向上を推進する。

重点施策

◇学事関係重点施策

(1)学校運営・人事管理に関する学事業務の実施

(2)学校運営・人事管理に関する実態把握と情報分析

(3)教職員の教育公務員としての意識(服務規律等)の高揚

◇学校教育関係重点施策

(1)対象組織(各地教委、学校、教育団体、校長会等)の課題やニーズに応じた支援の充実

(2)予測困難な社会の変化に対応するための資質・ 能力の育成に資する事業の実施(学力向上、豊かな人間性、特別支援教育、幼児教育)

(3)関係団体との信頼関係の構築と連携の強化

◇社会教育関係重点施策

(1)社会全体で取り組む教育の推進

(2)家庭教育の充実

(3)地域と学校の連携・協働体制づくりの推進

◇係・担当をまたぐ重点施策

 ○ 働き方改革の推進

  ・勤務時間の適正管理とワークライフバランスを図る

 ○ 西部地区人権・同和教育振興会議事務局としての総会、各研修会の企画・運営

  ・各対象別(教職員、PTA、社会教育施設職員、市町村人権教育担当者)による研修会の実施

 ○ 島根大学との連携事業(山陰教師教育コンソーシアム)の推進   

  ・CHA3プログラム(ふるさとキャリア教育推進事業)、学力向上総合対策推進事業の推進

具体的な方策等(スケジュール)

  

Copyright(C) 2006~ 鳥取県(Tottori Prefectural Government) All Rights Reserved. 法人番号 7000020310000