普及パンフレット

「女子群像板絵のパンフレットを増刷しました」

 鳥取市の青谷横木遺跡から出土した「女子群像」板絵のパンフレット(H29.9月発行)は在庫切れの状態が続いていました。

 お待たせしましたが、皆様の要望にお応えしてようやく増刷することができました。

 国宝高松塚古墳壁画に次ぐ全国2例目の「女子群像」として注目されたこの板絵は、板に描かれた群像図では、全国初です。

 このパンフレットは、鳥取県埋蔵文化財センターで配布しております。6月1日からはじまった企画展『古代の因幡』と合わせてご来館をお待ちしています。

「女子群像」板絵パンフレット表紙


県政だより4月号「はるか古代を体感~とっとり弥生の王国」

「県政だより」平成30年4月号の巻頭で「はるか古代を体感~とっとり弥生の王国」として、国史跡「青谷上寺地遺跡」、国史跡「妻木晩田遺跡」を大特集!!
弥生の風を感じて1
弥生の風を感じて2


下のPDFをダウンロードしてお読みいただくこともできます。

はるか古代を体感1.pdf(550KB)
はるか古代を体感2.pdf(927KB)





『鳥取県の遺跡シリーズ』を刊行します

当センターでは、『鳥取県の遺跡シリーズ』として県内の遺跡を紹介するパンフレットを作成しています。

今後、順次刊行していきますので、皆さま御期待ください。

Vol.1 青谷横木遺跡「女子群像」板絵

第1弾として、このたび青谷横木遺跡で出土した「女子群像」板絵の普及パンフレットを刊行しました。

「女子群像」板絵パンフレット表紙
パンフレット表紙

パンフレットは、当センターで配架しているほか、当センターのイベント等で配布しています。

ダウンロードはこちら>>>>>>「女子群像」板絵パンフレット(PDF:5MB)

  

イベント,講座,施設見学,資料調査等のお申込み


センター紹介

 久松山地域は戦国時代以降鳥取城が築かれ、鳥取藩32万石の中心地でした。現在でもこの地域は県庁があり、行政の中心地となっています。

 しかし、戦国時代から遡ること約800年前の奈良時代、県庁から4キロほど離れたこの国府町に国史跡因幡国庁(現在の県庁にあたるもの)がありました。今ではひっそりとした田園地帯ですが、因幡三山(甑山(こしきやま)、今木山(いまきやま)、面影山(おもかげやま))に囲まれ、当時の面影を残す万葉の歴史と古代の出土品にあふれた万葉の里となっています。
 この歴史豊かな万葉の里の一角に埋蔵文化財センターはあります。


埋蔵文化財センターについて


目的から探す


関係先へのリンク

  

Copyright(C) 2006~ 鳥取県(Tottori Prefectural Government) All Rights Reserved. 法人番号 7000020310000