とっとり元気フェス

【予告】令和3年度「令和新時代とっとり元気フェス」

 本取組は、県内各地で実践される多様な地域づくり活動を広く発表することにより地域づくり活動への参加意欲の向上を図るとともに、地域づくり団体間の交流を推進するため、「令和新時代とっとり元気フェス」の開催を予定しています。

 

○【募集中・無料】PRブース出展団体(令和3年11月1日〆)

県内の様々な活動団体に参加いただき、団体の皆様の活動を情報発信するPRブースを設けるため、PRブースを出展する団体等を募集中です。詳しくは、こちら

 

○【予告】令和3年度「令和新時代とっとり元気フェス」

(1)日時 令和4年1月30日(日)午前11時から午後4時まで(予定)
(2)場所 とりぎん文化会館(鳥取市尚徳町101-5)
(3)イベント内容(変更の場合があります。)
  ・ 「学校自慢!校歌アレンジ対決(仮)」(音楽番組の公開収録)
  ・ 鳥取県×日本財団共同プロジェクトシンポジウム「研志塾」
  ・ 各種表彰式等(令和新時代創造県民運動活動表彰、とっとりの魅力PR動画コンテスト、とっとりSDGsアワード)
  ・ ブース出展(体験・販売)・展示、その他イベント
  ・ NPO法人等相談コーナー
  ・ 活動団体交流会~コロナ禍での人とのつながり~

(4)その他

 新型コロナウィルス感染症の感染拡大等により、本イベントを中止することがありますので、ご承知おきください。

 

 

県民運動を映像で紹介!「とっとり元気フェスLIVE!LIVE!LIVE!」

 令和新時代創造県民運動をより多くの皆さんに知っていただける映像

「とっとり元気フェス~LIVE!LIVE!LIVE!~」を作成しました。

(1)映像の主な内容

・第2回とっとりの魅力発信PR動画コンテスト全入賞作品(審査員:山下歩氏のコメントあり)

・とっとりの「地域の絆」「人々のつながり」エピソード募集知事賞作品の朗読

・令和2年度 令和新時代創造県民運動活動表彰 最優秀賞団体の活動紹介

・知事のメッセージ

※奈羅尾玲子さん(タレント)がレポート!

>>>とっとり動画ちゃんねるのYouTubeへリンクしています。

 

街中など各地で上映中!

施設名

場所
SANKO 夢みなとタワー 3階シアター 境港市
鳥取県立 氷ノ山自然ふれあい館 響の森 エントランス

若桜町

  

(2)映像の利用について
  映像は、各種イベントや講習会等にご利用いただけます。
  なお、利用される場合は利用規約を御確認のうえ、申込書の提出をお願いします。 

  >>> 利用規約や貸出方法等は、こちらを ご覧ください。

 

(3)日本海新聞でも紹介(令和3年3月27日版) (pdf:1359KB)

 

令和新時代とっとり元気フェスを開催しました!

地域づくり活動への参加意欲の向上を図るとともに、活動団体同士の交流を深め、活動の更なる広がりを図り、若者をはじめとする県民の地域愛の醸成をテーマに「やっぱり鳥取っていいよね!」と感じてもらえるイベントを開催しました。

1 日時   令和元年12月22日(日) 午前10時30分から午後3時30分まで
2 場所   倉吉未来中心 アトリウムほか(倉吉市駄経寺町212-5)
3 主催   令和新時代とっとり元気フェス実行委員会(委員長 齊木恭子氏)
4 来場者数   1500人
5 概要     ブース出展、交流会等を通じて、参加者同士の交流・連携が図られた。また、民間の実行委員会による企画・実施で、子どもから大人まで多くの方が楽しめるイベントとなった。

(1)オープニングアトラクション

  ダンスTUBEプロジェクト「鳥取HAKKA」のオンフリーク、GaB(ガブ)の2組によるダンスパフォーマンスにより元気フェスの幕が上がりました。パワー溢れるステージで会場が一気に盛り上がりました!

 ダンスの様子    ダンスの様子

 (オンフリーク)             (GaB(ガブ))

(2)「令和新時代創造県民運動」ロゴマーク・キャッチフレーズ表彰式

令和新時代創造県民運動をより多くの人にとって親しみのある運動にしてくために、県民運動のシンボルとなるロゴマーク・キャッチフレーズを公募したところ、県内外から多くのご応募をいただきありがとうございました。審査会・商標権審査等を経て採用作品を決定し、平井知事より表彰を行いました。

採用作品についてはこちらをクリック

受賞者と平井知事

(3)トークセッション

第1部では、ゲストのマンボウやしろさんと総合司会の奈羅尾玲子さんのお二人に「鳥取県のここがおもしろい!」をテーマに、笑いを交えながら息の合った掛け合いでトークを繰り広げていただきました。

トークセッション第一部の様子

第2部は「鳥取魅力化計画」と題し、マンボウやしろさんと倉吉総合産業高校生2名で鳥取県の魅力を探り、鳥取県がさらに輝くアイデアを話し合っていただきました。高校生が「子育てしやすい鳥取県は魅力的。他県から移住したり帰ってきてほしい」と紹介すると、マンボウさんは「一度県外に出るとさらに鳥取の良さに気づくこともある。若い世代力でさらに魅力を引き出してほしい」と応え、エールを送られました。

第2部トークセッション

(4)地域おこし協力隊のステージ

地域おこし協力隊の活動紹介やOGによる「椅子を使ったヨガ体験」を行いました。

得意を生かしたり、自分自身も楽しみながら地域を盛り上げる活動をしておられる協力隊の皆さんはとても輝いていらっしゃいました。

協力隊の写真

(5)大型人形劇「オズの魔法使い」・うたのおにいさんおねえさん スマイルコンサート

鳥取短期大学幼児教育保育学科の学生による、手作りの等身大人形劇と笑顔はじけるコンサートを披露していただきました。集まった子どもたちはもちろんのこと大人までお話の世界に引き込まれました。コンサートでは、子どもたちもステージに上がり一緒にダンスを踊りました。

人形劇の写真 スマイルコンサートの写真

(6)とっとりの魅力発信PR動画コンテスト

「とっとり愛(ラブ)」をテーマにとっとりの魅力を伝える動画を10月下旬から約1ヶ月公募したところ、県内外から42作品の応募がありました。それぞれのとっとり愛が詰まった素晴らしい作品ばかりでした。鳥取市出身の映像クリエーター・山下歩さんを審査員に迎え、事前に決定した優秀賞5作品の中から公開審査で最優秀賞を決定しました。最優秀賞作品は「ドローンを使った撮影技術の高さ、のんびりとした鳥取の雰囲気がよく出た作品」と山下さんからの評価を受けました。

コンテスト結果・採用動画はこちらをクリック

動画コンテストの写真

(7)出展ブース・うまいもん販売

出展ブースには県内で地域づくりに励まれている20団体に出展していただきました。実際の活動体験ができるコーナーや手作りの物販があったり、活動者とのふれあいも含めて県民の方が地域づくりを身近に感じることができました。地元食材を使ったうまいもの販売も、開始早々売り切れが出たり長蛇の列をなすものもあったりと、どこも大盛況の様子でした。

UDタクシーの写真 倉吉北高手作りのお弁当 出展ブースの写真

  

最後に本ページの担当課    鳥取県 地域づくり推進部 県民参画協働課
   住所  〒680-8570
            鳥取県鳥取市東町1丁目220
   電話  0857-26-77510857-26-7751    
   ファクシミリ  0857-26-8112
   E-mail  kenminsankaku@pref.tottori.lg.jp

Copyright(C) 2006~ 鳥取県(Tottori Prefectural Government) All Rights Reserved. 法人番号 7000020310000