博物館ロゴ
(topページへ戻る)
利用案内展示案内イベント案内学校利用博物館紹介資料リンク集
展示案内 

埴輪

  • 重要文化財「伯耆長瀬高浜遺跡出土埴輪」など、県内の主な埴輪を展示しています。

鳥取県の埴輪

  • 解説

上ノ山古墳家形埴輪 埴輪は土で造られた焼き物で、古墳に並べられた。

 鳥取県内では、約250ヶ所の古墳・遺跡で埴輪が見つかっている。

 鳥取県内には、地域性を持った埴輪が存在しており、因幡型円筒埴輪、壺形埴輪、二条突帯円筒埴輪などがある。

宗像1号墳円筒埴輪

  • 主な展示品

馬ノ山4号墳出土 円筒埴輪
米子市上ノ山古墳出土 家形埴輪
北栄町ヤスミ塚出土 鹿形埴輪
など

長瀬高浜遺跡の埴輪

  • 解説

 古墳ではない場所から、多数の埴輪が発見された。種類としては、円筒埴輪や朝顔形埴輪のほか、さまざまな形象埴輪(甲冑、盾、鞆、大刀、家、蓋)がある。

 埴輪は本来古墳に立て並べるものであり、なぜこのような所で見つかったのか大きな問題となった。一番可能性が高いのは、古墳に並べられるために用意されたものが、何らかの理由でそのまま捨てられた、というものである。

 これらの埴輪は1986(昭和61)年、国重要文化財に指定された。


最後に本ページの担当課    鳥取県立博物館
    住所  〒680-0011
                 鳥取市東町二丁目124番地
    電話  0857-26-80420857-26-8042
       ファクシミリ  0857-26-8041
    E-mail  hakubutsukan@pref.tottori.lg.jp

Copyright(C) 2006~ 鳥取県(Tottori Prefectural Government) All Rights Reserved. 法人番号 7000020310000