埋蔵文化財センター秋冬の企画展開催中!

埋蔵文化財センター秋冬の企画展開催中!

 12月28日(金)まで埋蔵文化財センターでは、秋冬の企画展「因幡の国府・国分寺・官道」を開催中です。
 埋蔵文化財センターがある鳥取市国府町には、奈良・平安時代、因幡国の政治を司る因幡国府という古代都市がありました。この国府の中には今の県庁にあたる国庁、近辺には因幡国分寺、因幡国分尼寺が建てられ、そして、都と因幡国をつなぐ官道の古代山陰道が通っていました。
 
 展示では、因幡国府跡・国分寺跡の出土の緑釉陶器や瓦、古代山陰道関連では青谷横木遺跡出土の木簡、木製祭祀具、また、関連遺跡から出土した「和同開珎」などがご覧いただけます。

 常設展では展示していない因幡国府関連の展示を是非ともこの機会にご覧ください。
     
企画展チラシ
                  秋冬の企画展チラシのダウンロードはこちら
      (裏面は国府跡めぐりコースが載っています)
          → 企画展チラシ(1.1MB)    

 ○展示品の一部
展示  展示
国府跡出土の緑釉陶器、青谷横木遺跡出土の木簡など

開催期間・会場

○開催期間
  平成30年12月28日(金)まで
  (土曜日の特別開館日: 11月10日(土)、12月15日(土)

  また、冬休み期間は「冬休み特別企画 古代体験コーナー」も開催
  〔冬休み特別企画 古代体験コーナー〕
   ・巴形銅器スーパーボールをつくろう!
   ・ゴムゴムの骨角器をつくろう!
   ・古代女子群像扇子をつくろう!

○会 場
  鳥取県埋蔵文化財センター 1階 展示室
  

イベント,講座,施設見学,資料調査等のお申込み


センター紹介

 久松山地域は戦国時代以降鳥取城が築かれ、鳥取藩32万石の中心地でした。現在でもこの地域は県庁があり、行政の中心地となっています。

 しかし、戦国時代から遡ること約800年前の奈良時代、県庁から4キロほど離れたこの国府町に国史跡因幡国庁(現在の県庁にあたるもの)がありました。今ではひっそりとした田園地帯ですが、因幡三山(甑山(こしきやま)、今木山(いまきやま)、面影山(おもかげやま))に囲まれ、当時の面影を残す万葉の歴史と古代の出土品にあふれた万葉の里となっています。
 この歴史豊かな万葉の里の一角に埋蔵文化財センターはあります。


埋蔵文化財センターについて


目的から探す


関係先へのリンク

  

Copyright(C) 2006~ 鳥取県(Tottori Prefectural Government) All Rights Reserved. 法人番号 7000020310000