メンテナンスのため、9月18日(土)AM3時55分~8時(予定)の間、閲覧できない状態が発生します。詳細は、お知らせをご覧ください。

これまでの経済成長戦略

本県においては、これまでにリーマンショック後の低迷から脱却すべく、平成22年に本県としては県政史上初めて県独自の経済成長戦略「鳥取県経済成長戦略」を策定の上、その時々の経済情勢の変化を踏まえ、2度の改訂を経ながら、10年間で県内総生産(実質GDP)プラス700億円を目標に取組の推進を図ってきました。

これらの経済戦略を基に、戦略的な企業誘致や県内企業の経営革新等の取組を継続しながら、失われた雇用の回復と多軸型の産業構造転換への取組を推進してきた結果、本県の基幹産業である製造業の製造品出荷額は平成25年を底に上昇に転じ、リーマンショック後に失われた県内総生産(実質GDP)は平成30年に完全回復するなど、県民一丸となった戦略推進は確実に功を奏してきました。

  

鳥取県経済成長戦略(平成22年4月策定)

安定かつ持続可能な経済成長を実現するために必要な、本県の中長期的戦略を策定する「鳥取県経済成長戦略」を平成22年に策定しました。この戦略は、国内経済が停滞する中で、10年後の経済産業の姿を想定し、将来成長が見込まれる産業分野を戦略的に推進し、新規雇用の創出と県民所得の増加を目指すものです。

『鳥取県経済成長戦略』の概要

  

鳥取県経済再生成長戦略(平成25年4月策定)

グローバル競争激化等を背景とした大企業の統廃合による事業所閉鎖や製造拠点の海外移転など県内経済は一層厳しい情勢となっている中、これまでの成長戦略に製造業の再生戦略と成長分野の新戦略を追加した「鳥取県経済再生成長戦略」に改訂しました。

「鳥取県経済再生成長戦略」の概要

  

鳥取県経済成長創造戦略(平成30年4月策定)

本県を取り巻く環境変化に対応し、新たな経済成長を創造するため、戦略の見直し作業を行ってきました。回復基調にある県経済の成長の足取りを確かなものにし、県民所得の向上を図るため、新たに分野横断的に取り組むべきテーマを取りまとめ『鳥取県経済成長創造戦略』として策定しました。

「鳥取県経済成長創造戦略」の概要

  

最後に本ページの担当課    鳥取県商工労働部商工政策課
    住所  〒680-8570
             鳥取県鳥取市東町1丁目220
    電話   0857-26-72130857-26-7212    
    ファクシミリ  0857-26-8117
   E-mail  shoukou-seisaku@pref.tottori.lg.jp

Copyright(C) 2006~ 鳥取県(Tottori Prefectural Government) All Rights Reserved. 法人番号 7000020310000