読者の声/県産品プレゼント/手話を覚えてみよう

読者の声 (7月号の意見・感想から)

特集記事に地元選手が紹介されていたので、オリンピックに興味が湧き、応援したくなりました。(60代)

障がいの有無に関わらず、誰もが参加できる「ノバリア」のスポーツ教室。機会があれば参加してみたいと思いました。(40代)

ワクチンの副反応が怖いので接種はしないと決めていましたが、記事を読んで、接種を前向きに考えようと思いました。(30代)

県政トピックスを読んで、電話リレーサービスのことを初めて知りました。知っておくことも大切ですね。(30代)

ヤングケアラーの問題は、人ごとではないと感じました。周りが気付けるよう町内で協力していきたいです。(30代)

  7月号には1,489人からご意見をいただきました。ありがとうございます。これからもご意見、ご感想をお待ちしています。

県産品プレゼント 応募締め切り9月21日(火)必着

フルーツくずもち(個包装20個入)【5名】
フルーツくずもちの写真
  くずもちに使っているフルーツは全て県産のものに限定。香料や着色料を使用せず、果物本来の甘みと酸味が味わえます。イチゴ・キウイ・ブルーベリー・花御所柿(はなごしょがき)・二十世紀梨の5種類のセットです。

【問い合わせ先】 一般社団法人物産観光やず(八頭町坂田)
電話・ファクシミリ 0858‐72‐3257

応募方法
  クイズの答え、郵便番号、住所、氏名、電話番号、年齢と「県政だより」を読んだ感想・意見を書き、次のいずれかの方法でご応募ください。
※当選者の発表は発送をもって代えさせていただきます。はがきなどに書かれた個人情報、感想・意見は、プレゼントの発送と「県政だより」記事作成の参考として使用し、これらの目的以外には使用しません。
●はがき 〒680‐8570 鳥取県広報課「県産品プレゼント」
●電子メール dayorip@pref.tottori.lg.jp
●県ウェブページ応募フォーム https://www.pref.tottori.lg.jp/dayorip/

クイズ
  総合的なリスクマネジメントで被害の最小化を目指す、地域全員参加の治水プロジェクト「○○治水」。
  ○に入るのは次のうちどれでしょう。

(1) 流行 (2) 流域 (3) 流動
ヒントは「地域で取り組む「流域治水」~共助と協働で命を守る~」をご覧ください。

◎7月号のクイズの答えは「(2)ヤング」でした。

手話を覚えてみよう 「検診」

  9月は「がん征圧月間」です。日本人の2人に1人ががんになり、3人に1人ががんで亡くなると言われています。早期発見のために検診を受けましょう。

「検診」の手話のイラスト1
右手の曲げた2指の指先を目に向けて右に動かし
矢印のイラスト
「検診」の手話のイラスト2
手のひらを自分に向けた左手甲を、曲げた右手2指でたたく

※手話は一例です

  鳥取県のがんに関するデータやがんにならないための生活習慣など、がんについて知ってもらうポータルサイトを県公式ウェブサイト「とりネット」内に開設しています。
https://www.pref.tottori.lg.jp/73828.htm

監修 公益社団法人鳥取県聴覚障害者協会
電話 0859‐30‐3720 ファクシミリ 0859‐30‐3131
https://torideaf.jp/



← 前のページへ    次のページへ →


最後に本ページの担当課    鳥取県 令和新時代創造本部 広報課
    住所  〒680-8570
                 鳥取県鳥取市東町1丁目220
    電話  0857-26-70200857-26-7020
         ファクシミリ  0857-26-8122
    E-mail  kouhou@pref.tottori.lg.jp

Copyright(C) 2006~ 鳥取県(Tottori Prefectural Government) All Rights Reserved. 法人番号 7000020310000