県政トピックス/収入証紙を9月末で廃止

多様化図り、利便性アップ ~収入証紙を9月末で廃止~

  県に手数料を支払うときに使用される「収入証紙」。9月末で廃止し、販売を終了します。今後は多様な方法で納付が可能になり、利便性が向上します。
  証紙は、購入場所や時間が限られる、国が発行する「収入印紙」と紛らわしい、誤購入したときの還付手続きが煩雑などの問題がありました。こうした不便解消のため納付方法を変更します。
  10月以降に県庁や総合事務所、運転免許センターなどで申請手続きを行う場合は、納付窓口(下記(1)参照)で手数料の納付ができます。運転免許証の更新や旅券発給の手数料は、この方法に移行。現金やクレジットカード、電子マネーで支払いが可能です。
  県の窓口に出向く必要のない手続きは、電子納付(下記(2)参照)ができます。電子納付は、電子申請と同時にPay‐easy(ペイジー)(インターネットバンキングやPay‐easy対応のATMなどを利用して支払いができる、日本マルチペイメントネットワーク運営機構が運営する電子収納サービス)やクレジットカードで支払う方法。いつでもどこでも払い込みが可能です。
  このほか、県が発行する納付書によりコンビニや金融機関で現金を納付し、納付済みの証明書を県に提出する方法(下記(3)参照)などもあります。
  証紙廃止後の納付方法は、手数料の種類によって異なります。詳細は、申請窓口にお問い合わせください。
  経過措置として、来年3月末まで購入済みの証紙による納付を継続。払い戻しは、2026年9月末までです。

収入証紙に代わる納付方法

(1) 窓口納付
  現金、クレジットカード、電子マネーで納付が可能。
〈例〉
●運転免許証の更新手数料
●旅券の発給手数料(県への納付分のみ)
※国へ納付する手数料は、収入印紙での納付となります。

(2) 電子納付
  インターネットでの申請と合わせて、Pay‐easy・クレジットカードによる納付ができます。
〈例〉
●納税証明書の発行手数料

(3) 納付書による納付
  コンビニ・金融機関で、現金での納付ができます。
〈例〉
●講習受講料
●県立高校入試の受験手数料

収入証紙の払い戻し

  使用予定のない証紙は、還付の請求ができます。証紙の額面から手数料3.3%を差し引いて、指定の口座に返還。手続きや様式などの詳細は、ウェブページをご覧ください。
  ご自宅に眠っている証紙がないか、この機会にご確認を。
https://www.pref.tottori.lg.jp/296529.htm

【問い合わせ先】 県庁会計指導課
電話 0857‐26‐7437 ファクシミリ 0857‐26‐8147
メールアドレス kaikeishidou@pref.tottori.lg.jp



← 前のページへ    次のページへ →


最後に本ページの担当課    鳥取県 令和新時代創造本部 広報課
    住所  〒680-8570
                 鳥取県鳥取市東町1丁目220
    電話  0857-26-70200857-26-7020
         ファクシミリ  0857-26-8122
    E-mail  kouhou@pref.tottori.lg.jp

Copyright(C) 2006~ 鳥取県(Tottori Prefectural Government) All Rights Reserved. 法人番号 7000020310000