活動日誌

 県立公文書館が行っている日々の活動の様子を、ブログ形式でご紹介します。

  
考古」で絞込み

2019年2月5日

考古部会が「古墳測量図検討会」を開催しました。

 平成31年2月1日(金)、新鳥取県史編さん委員会考古部会は、公文書館会議室にて古墳測量図検討会を開催しました。これは、これまで県史編さん事業における古墳測量で作成した県内主要古墳18基の測量図について検討するもので、高田部会長をはじめ県内の考古学研究者、自治体担当者など9名が参加しました。  
 検討会では、それぞれの古墳について形態、規模、問題点などについて検討し、意見交換を行いました。検討結果は平成31年度刊行予定の『新鳥取県史 資料編 考古2 古墳時代』の編集に反映されます。

写真1
(写真1)古墳測量図検討会の様子

写真2
(写真2)検討された古墳測量図の写真

県史編さん室

公文書館 2019/02/05 in 会議など,県史編さん室,考古

2017年10月19日

平成29年度 第2回 考古部会を開催しました。

 平成29年10月16日(月)、平成29年度第2回新鳥取県史編さん委員会考古部会を開催しました。  会議では、平成29年度事業の進捗状況を報告し、『新鳥取県史 資料編 考古3 飛鳥・奈良時代以降』の編さんや来年度以降の事業計画、刊行事業終了後の取り組みなどについて協議しました。

考古部会での協議の様子の写真
考古部会での協議の様子

県史編さん室

公文書館 2017/10/19 in 会議など,県史編さん室,考古

2017年9月28日

「古墳測量にかかる現地説明会」を開催しました。

 9月25日(月)、古墳測量にかかる現地説明会を開催しました。  
 9社の業者が参加し、事務局から事業にかかる説明を行った後、本年度測量実施予定の桷間1号墳(鳥取市大桷)、古海36号墳(鳥取市古海)、里仁29号墳(鳥取市里仁)の現地の様子を確認しました。

写真1
(写真1)現地説明会の様子


写真2
(写真2)桷間1号墳の現地確認の様子


写真3
(写真3)古海36号墳の現地確認の様子


写真4
(写真4)里仁29号墳の現地確認の様子

県史編さん室

公文書館 2017/09/28 in 県史編さん室,考古,調査

2016年10月19日

平成28年度 第2回考古部会を開催しました。

 平成28年10月18日(火)、第2回考古部会を開催しました。  
 会議では、今年度の事業の進捗について報告するとともに、平成29年度事業の進め方や資料編刊行後の事業のあり方などについて協議しました。

考古部会での協議の様子の写真
考古部会での協議の様子

県史編さん室

公文書館 2016/10/19 in 会議など,県史編さん室,考古

2013年10月1日

古墳測量に伴う入札説明会を実施(考古部会)

 平成25年9月30日(月)、考古部会は、古墳測量に伴う入札説明会を実施しました。

 今年度、測量調査を実施するのは米子市淀江町にある城山(じょうやま)10号墳及び小枝山(こえだやま)12号墳です。むきばんだ史跡公園において入札に関する説明会をした後、業者の皆様に現地確認をしていただきました。

入札説明会の様子
むきばんだ史跡公園で行われた入札説明会の様子。

城山10号墳付近の様子
城山10号墳付近での現地説明の様子。

小枝山12号墳のある丘陵の様子
小枝山12号墳のある丘陵。この尾根上に古墳があります。

小枝山12号墳への登山道を確認する様子
小枝山12号墳への登山道を確認する様子。
県史編さん室

公文書館 2013/10/01 in 県史編さん室,考古

2012年12月18日

県史編さん室に新メンバー

 12月17日から余井(よい)古墳の鉄器実測が始まりました。

 今回の実測にはなんと岡山大学院生・渡瀨健太氏に協力いただいております。17日は鎌(かま)、18日は鏃(やじり)のトレース図を作成されるそうです。

 「17日から21日までの一週間、精一杯がんばります!」とのことです。

 湯村専門員は、渡瀬調査員の真剣に取り組む様子に全国をまわって遺物の実測をしていた頃の自分を思い出したそうです。一週間だけの新メンバー加入に、県史編さん室一同大喜びです。

渡瀬調査員の横からの写真
トレース図作成中の渡瀬調査員(横から)。
渡瀬調査員の正面からの写真
実測中の渡瀬調査員(正面から)。
県史編さん室

公文書館 2012/12/18 in 県史編さん室,考古

2012年1月27日

県史編さん室のお仕事紹介「考古遺物の実測作業」

 考古部会では、県内の主要遺跡のうち、未報告または不十分な報告にとどまっているものについて、出土品の再整理(実測作業)を行っており、整理作業員2人が実測作業を行っています。


 現在は、布勢遺跡(鳥取市布勢)から出土した縄文土器を実測中です。布勢遺跡は現在、コカ・コーラウエストスポーツパーク(鳥取県立布勢総合運動公園)辺りにあった遺跡です。

 実測作業は、コンパスの一種で寸法を移しとることなどに使うディバイダー、土器の輪郭を図面に写しとる道具の真弧(マコ)や、厚みを計測するキャリパーなどを使い正確に行わなければなりません。大変な作業ですが、後世に、正確な資料を伝えるために日々努力しています。


土器実測の様子の写真

縄文土器(深鉢)を実測する様子。

ディバイダーで土器を計測する様子

縄文土器(蓋)をディバイダーで計測する様子。

実測に使用する器具3点の写真

実測に使用する器具。左からディバイダー、真弧(マコ)、キャリパー。

県史編さん室分室での作業風景の写真

日々、黙々と作業を行っています。

土器の実測を行っている県史編さん室分室からの風景

県庁第2庁舎8階に県史編さん室分室はあります。分室の窓からの眺めは、実測作業で疲れた目を休めるのに役立ちます。

県史編さん室

公文書館 2012/01/27 in 県史編さん室,考古

2011年11月28日

学習院生涯学習センター・岡山県・鳥取県連携講座に講師派遣

 平成23年11月26日(土)に学習院生涯学習センター(東京都豊島区)で開催された学習院生涯学習センター・岡山県・鳥取県連携講座「吉備と山陰の弥生文化と社会」に、県史編さん室の湯村功専門員が講師として参加しました。

 同講座は二部構成となっており、湯村専門員は第二部を担当。「海を舞台とした山陰の弥生時代交流」と題し、弥生時代の山陰地方には「出雲・伯耆」と「因幡」の異なる地域文化があったこと、いずれも海・潟(ラグーン)を介した海上交流が特徴であることについて、青谷上寺地遺跡の事例を中心に講演を行いました。

湯村専門員による講義の様子の写真
湯村専門員の講義の様子
会場の様子の写真
会場の様子
県史編さん室

公文書館 2011/11/28 in 県史編さん室,考古

2011年10月31日

吉野ヶ里歴史公園特別企画展記念フォーラムに参加

 平成23年10月29日(土)に吉野ヶ里歴史公園(佐賀県神埼郡吉野ヶ里町)で開催された吉野ヶ里歴史公園特別企画展記念フォーラムに、県史編さん室の湯村功専門員がパネラーとして参加しました。

 フォーラムは「よみがえる邪馬台国 吉野ヶ里と出雲王国」と題され、第一部はマスコミ関係者、第二部は考古学・古代史の専門家による基調講演やパネルディスカッションが行われたものです。湯村専門員は、青谷上寺地遺跡の発掘調査に携わった経験をもとに、弥生時代の九州と山陰に関するパネルディスカッションに参加しました。

フォーラム会場の写真

フォーラムの会場は、吉野ヶ里歴史公園の東口エントランス部分に設置されました。

フォーラムにおけるパネルディスカッションの様子の写真

第二部のパネルディスカッションには、全国から6名の専門家がパネラーとして参加しました。

パネルディスカッションで発言中の湯村専門員の写真

県史編さん室の湯村専門員(写真左)もパネラーとして議論に加わりました。

県史編さん室

公文書館 2011/10/31 in 県史編さん室,考古

2011年10月24日

古墳の3次元測量を開始

 本日から向山6号墳(倉吉市巌城)の3次元測量を始めました。今後、馬ノ山4号墳、北山古墳(ともに湯梨浜町)の順に測量していきます。

向山6号墳での除草作業の様子の写真
向山6号墳での除草作業の様子

 古墳を測量するためには地表面が見えていないといけないのですが、古墳の多くは樹木や雑草に覆われています。そのため測量前に雑草や雑木の刈り取りを行います。

向山6号墳での3次元測量の様子の写真(その1)
向山6号墳での3次元測量の様子(その1)

 上の写真は、3次元測量を行う機械です。測量の際は三脚の上の部分が測量対象にレーザーを照射しながら左右に動きます。後ろに見える白黒に塗り分けられたターゲットを測量範囲に設置します。

向山6号墳での3次元測量の様子の写真(その2)
向山6号墳での3次元測量の様子(その2)

 上の写真は、3次元測量作業の様子です。古墳全体にレーザーが当たらないので機械を移動させながら測量を進めていきます。最終的には計測データを合成しますので、左側の機械でターゲットに座標を与える作業も同時に行います。


県史編さん室

公文書館 2011/10/24 in 県史編さん室,考古,調査

Copyright(C) 2006~ 鳥取県(Tottori Prefectural Government) All Rights Reserved. 法人番号 7000020310000