活動日誌

 県立公文書館が行っている日々の活動の様子を、ブログ形式でご紹介します。

  

2012年1月27日

県史編さん室のお仕事紹介「考古遺物の実測作業」

 考古部会では、県内の主要遺跡のうち、未報告または不十分な報告にとどまっているものについて、出土品の再整理(実測作業)を行っており、整理作業員2人が実測作業を行っています。


 現在は、布勢遺跡(鳥取市布勢)から出土した縄文土器を実測中です。布勢遺跡は現在、コカ・コーラウエストスポーツパーク(鳥取県立布勢総合運動公園)辺りにあった遺跡です。

 実測作業は、コンパスの一種で寸法を移しとることなどに使うディバイダー、土器の輪郭を図面に写しとる道具の真弧(マコ)や、厚みを計測するキャリパーなどを使い正確に行わなければなりません。大変な作業ですが、後世に、正確な資料を伝えるために日々努力しています。


土器実測の様子の写真

縄文土器(深鉢)を実測する様子。

ディバイダーで土器を計測する様子

縄文土器(蓋)をディバイダーで計測する様子。

実測に使用する器具3点の写真

実測に使用する器具。左からディバイダー、真弧(マコ)、キャリパー。

県史編さん室分室での作業風景の写真

日々、黙々と作業を行っています。

土器の実測を行っている県史編さん室分室からの風景

県庁第2庁舎8階に県史編さん室分室はあります。分室の窓からの眺めは、実測作業で疲れた目を休めるのに役立ちます。

県史編さん室

公文書館 2012/01/27 in 県史編さん室,考古

Copyright(C) 2006~ 鳥取県(Tottori Prefectural Government) All Rights Reserved. 法人番号 7000020310000