理念・目標

 本校は、次のような教育理念、教育目的、教育目標に基づいて、学校運営を行っています。
  

令和4年度鳥取看護専門学校組織目標


令和4年度鳥取看護専門学校組織目標 (pdf:254KB)

教育理念

 鳥取県立鳥取看護専門学校は、県内の保健・医療・福祉施設や地域において、県民の健康福祉の担い手として貢献できる質の高い看護師を育成することをめざしている。

 生命の尊厳と人間を尊重し、専門職業人としての高い倫理観と豊かな感性・創造性を培い、科学的根拠に基づいた看護を実践する基礎的な看護実践能力を育成する。また、多様な人々とともに連携・協働しながら、全世代へ看護を提供する基礎的能力を養い、生涯にわたり課題を発見、主体的に思考・学習し看護の発展に貢献できる人材を育成する。

教育目的

 看護師として必要な知識・技術・態度を教授し、多様な場において、人々の保健医療福祉に貢献できる看護実践者を育成する。

教育目標

1.対象の多様性・複雑性を理解し、人間を統合された存在として幅広く捉える能力を養う。

2.生命を尊び、共感的態度および倫理に基づいた行動ができる能力を養う。

3.科学的思考および臨床判断に基づいた看護が実践できる基礎的能力を養う。

4.人間関係を築きながら、安心で安全な看護を実践できる基礎的能力を養う。

5.保健医療福祉チームの一員として看護の役割を理解し、多職種と連携・協働できる基礎的能力

  を養う。

6.社会の動向に関心をもち、専門職として主体的に探究、学習する能力を養う。

入学者受け入れ方針

1.看護師になりたいという強い意志のある人
2.誠実で思いやりがあり、他者に配慮できる人
3.主体的に学ぶ姿勢をもち、ものごとに根気よく取り組むことができる人 
4.他者の意見を受け入れ、協調して人間関係を築くことができる人
5.マナーやルールを守り、報告・連絡・相談ができる人
 

卒業生の特性

1.対象の多様性・複雑性を理解し、人間を統合された存在として幅広く捉えることができる。

2.生命を尊び、共感的態度および倫理に基づいた行動ができる。

3.科学的思考および臨床判断に基づいた看護が実践できる基礎的能力を習得する。

4.人間関係を築きながら、安全で質の高い看護を実践できる基礎的能力を習得する。

5.保健医療福祉チームの一員として看護の役割を理解し、多職種と連携・協働できる基礎的能力

  を習得する。

6.社会の動向に関心をもち、専門職として主体的に探究、学習する。

  

最後に本ページの担当課    鳥取県立鳥取看護専門学校
    住所 〒680-0901
             鳥取県鳥取市江津260
    電話  0857-29-24070857-29-2407    
    ファクシミリ  0857-29-2407
    E-mail  to_kango@pref.tottori.lg.jp

Copyright(C) 2006~ 鳥取県(Tottori Prefectural Government) All Rights Reserved. 法人番号 7000020310000