活動日誌

 県立公文書館が行っている日々の活動の様子を、ブログ形式でご紹介します。

  
2014年12月」で絞込み

2014年12月17日

新鳥取県史巡回講座「鳥取県の妖怪」(連携)とっとり・民話を語る会講演会を開催しました。

 平成26年12月13日(土)、鳥取ガスショールームサルーテ古民家ゾーン(鳥取市片原5丁目503)にて、平成26年度新鳥取県史巡回講座(連携)とっとり・民話を語る会講演会「鳥取県の妖怪」(主催:とっとり・民話を語る会、鳥取県立公文書館)を開催しました。今回は、鳥取県史ブックレット第13巻『鳥取県の妖怪-お化けの視点再考-』の著者である小林光一郎氏(神奈川大学日本常民文化研究所特別研究員)を講師にお招きし、とっとり・民話を語る会から語り部として、桝田美穂子さん、田中多津子さん、植木瑞穂さん、山田馨さん、小林龍雄さん、吉岡郁恵さんに参加いただきました。また、最後に酒井董美先生(元島根大学教授・山陰民俗学会長)のコメントをいただきました。
 当日は、約25 名のご参加をいただきました。「解説付きの語りでとてもよくわかった」、「語りと解説の内容が良かった。」「鳥取のお化けに興味をもった」「昔話の継承活動が歴史資料の保存・発展につながることに興味をもった」など感想をいただき、参加者の皆様には楽しく学んでいただけたようです。
 講師の皆様、参加者の皆様、開催に御協力いただいたとっとり・民話を語る会の皆様ありがとうございました。

写真1
(写真1)講演中の小林光一郎氏

写真2
(写真2)「大江の河童」を語る桝田美穂子さん

写真3
(写真3)「アマンジャクの落とし物」を語る田中多津子さん

写真4
(写真4)「しょろしょろ狐」を語る植木瑞穂さん

写真5
(写真5)「徳尾の大坊主」を語る山田馨さん

写真6
(写真6)「桂蔵坊狐と焼き鼠」を語る小林龍雄さん(とっとり・民話の会会長)

写真7
(写真7)「喰わず女房」を語る吉岡郁恵さん

写真8
(写真8)鳥取県、山陰地方の民話について解説する酒井董美先生

県史編さん室

公文書館 2014/12/17 in 県史編さん室,講座などのイベント

2014年12月15日

平成26年第3回新鳥取県史編さん委員会考古部会を開催しました。

 平成26年12月12日(金)、第3回新鳥取県史編さん委員会考古部会を開催しました。
 公文書館会議室で行われた会議では、県内出土の銅鐸などの3次元計測方法について協議しました。

写真1
(写真1)考古部会での協議の様子

写真2
(写真2)髙田部会長

写真3
(写真3)中原委員

写真4
(写真4)松井委員

写真5
(写真5)下高委員

県史編さん室

公文書館 2014/12/15 in 会議など,県史編さん室

2014年12月11日

古代中世部会が史料調査を実施しました。

 古代中世部会では、平成26年12月5日(金)・6日(土)の2日間、広島県立歴史博物館(福山市)・吉川史料館(岩国市)で中世文書の調査を実施しました。
 今回は『新鳥取県史資料編』に掲載する中世文書の原本校合や写真撮影、裏書の確認等を行いました。
 お世話になった関係者の皆様に感謝申し上げます。

写真1
広島県立歴史博物館での調査の様子

公文書館 2014/12/11 in 県史編さん室,調査

Copyright(C) 2006~ 鳥取県(Tottori Prefectural Government) All Rights Reserved. 法人番号 7000020310000