活動日誌

 県立公文書館が行っている日々の活動の様子を、ブログ形式でご紹介します。

  
2018年3月」で絞込み

2018年3月26日

平成29年度 第3回 新鳥取県史編さん委員会を開催しました。

 平成30年3月23日(金)、第3回新鳥取県史編さん委員会を開催しました。  
 公文書館会議室で行われた委員会には、8名の委員に御出席いただき、平成29年度の各部会事業の進捗状況などについて報告を行った後、県史刊行終了後に必要な後継事業の基本的な考え方や体制について協議しました。  
 また委員会終了後には、平成29年度に実施した古墳の航空レーザー測量の成果物を委員の方々に確認していただきました。

写真1
(写真1)編さん委員会での協議の様子


写真2
(写真2)古墳航空レーザー測量の成果物を確認する委員

県史編さん室

公文書館 2018/03/26 in 会議など,県史編さん室

2018年3月15日

「占領期の鳥取を学ぶ会 29年度活動報告会」を開催しました。

 平成30年3月3日(土)鳥取市歴史博物館で「占領期の鳥取を学ぶ会 29年度活動報告会」を開催しました。
 当日は計9回行った学ぶ会の活動報告のあと、西村が「GHQ鳥取軍政部の組織と人事」というテーマで軍政レポート執筆者一覧と県内占領軍の電話回線図を元に解説を行いました。  
 鳥取市歴史博物館横山展宏学芸員は、同館所蔵資料中の進駐軍の記事を写真で紹介し、特に当時の「鳥取市報」に掲載される進駐軍からの呼びかけはGHQの市民生活への関与を実感させるものでした。
 また、翻訳者の澤田晶子さんの「解読と読解のコツ」は、掠れた英文タイプの資料に向き合い格闘した翻訳者の立場から、辞書・WEBなどを駆使した解読手法と、関係新聞記事を用いた読解手法を説いたもので、1946年9月16日付英文レポートの事例を画面に引用しながらの説明は、英語そのものに関心のある参加者の興味を惹くものでした。  
 質疑応答のあと西村から、「webで閲覧できる英連邦軍関係写真」を紹介、また解読参加者の上田勝利さんと澤田海宏さんが鳥取大火の米軍救援物資レーションの現物を紹介されました。  
 占領期の鳥取を学ぶ会は、30年度も月1回のペースで行う予定です。日程など詳細がきまりましたら本ページでもご案内します。

澤田さん説明の様子の写真
英文の「解読」と「読解」のコツを説明する澤田さん

公文書館 2018/03/15 in 県史編さん室,講座などのイベント

Copyright(C) 2006~ 鳥取県(Tottori Prefectural Government) All Rights Reserved. 法人番号 7000020310000