活動日誌

 県立公文書館が行っている日々の活動の様子を、ブログ形式でご紹介します。

  
2015年8月」で絞込み

2015年8月28日

現代部会が出前講座を開催しました。

 平成27年8月23日(日)、現代部会は、倉吉市高城公民館で倉吉博物館主催「ち号演習と高城飛行場」の出前講座を実施しました。  
 ち号演習は昭和20年5月から県下全域で行われた本土決戦に備える防衛陣地の築城作業で、県民60万人を動員したとされます。高城飛行場は、同じく昭和20年6月から12万人を動員して高城地区に建設された秘匿飛行場です。  
 当日は、ち号演習の大動員の計画や、高城飛行場の建設命令の時期など、これまでの調査で明らかとなったことを報告させていただきました。  
 地元の方を中心に60名の皆さんに熱心にお聞きいただき、報告終了後には、倉吉市成徳小学校から高城飛行場まで裸足で歩き、土運びを手伝いにきたという女性や、子供のころに飛行場にあった飛行機に乗せてもらった男性など、貴重な体験談もお聞きすることができました。

写真1
(写真1)写真や地図を使って昭和20年の2つの大動員について説明しました


写真2
(写真2)終了後に15人程度の方に残っていただき体験談をお聞きしました


 ※当日配布資料はこちらからダウンロードしていただけます。
 レジュメ(pdf・321KB) 資料(pdf・768KB)
県史編さん室

公文書館 2015/08/28 in 県史編さん室,講座などのイベント

2015年8月11日

米子市と倉吉市にて「子どもたちの戦闘配置~学童集団疎開と満蒙開拓青少年義勇軍」を開催しました。

 平成27年8月1日(土)と8日(土)の2日間、戦後70年記念事業として、米子市と倉吉市で「子どもたちの戦闘配置~学童集団疎開と満蒙開拓青少年義勇軍」を開催しました。  
 米子会場では、講師の石田敏紀委員が、鳥取への学童疎開の様子を描いた絵本「わたし11さい」を用いて、学童疎開のしくみと実際の様子を説明しました。会場には疎開体験者の方もお見えで、当時の疎開生活について語っていただきました

写真1
(写真1)米子会場の講演会の様子


 倉吉会場では、講師の小山富見男委員が、義勇軍の送出に果たした教師の役割の大きさを説きました。  
 会場には義勇軍参加者も2名お越しいただき、渡満動機や引揚げの労苦を話していただきました。

写真2
(写真2)倉吉会場での講演会の様子


県史編さん室

公文書館 2015/08/11 in 県史編さん室,講座などのイベント

2015年8月10日

民俗部会が出前講座を開催しました。

 平成27年8月1日(土)、民俗部会は、鳥取ガスショールーム サルーテにて、とっとり・民話を語る会主催の「ふるさと民話の集い―鳥取県の妖怪・講演とかたり―」で出前講座を実施しました。  「おとん女郎」「河童の雨乞い」などの民話の語りの前に、樫村専門員が「鳥取県の妖怪」と題して妖怪の名前のつけられ方や鳥取県の妖怪の特徴などを説明しました。  
 また講演と民話語りの終了後、集まった子どもたちが鳥取県東部の妖怪・幽霊の分布地図の制作をしました。

写真1
(写真1)鳥取県の妖怪について解説する樫村専門員


写真2
(写真2)妖怪・幽霊についての語りを聞く子どもたち


写真3
(写真3)小林龍雄会長の指導で妖怪・幽霊の分布地図の制作をする子どもたち

県史編さん室

公文書館 2015/08/10 in 県史編さん室,講座などのイベント

Copyright(C) 2006~ 鳥取県(Tottori Prefectural Government) All Rights Reserved. 法人番号 7000020310000