不妊治療

不妊治療のうち人工授精及び特定不妊治療(対外受精及び顕微授精)、また不妊検査に要する経費の一部を助成しています。

令和3年6月から不育症検査費についても助成が始まりました。

助成内容

1.特定不妊治療

  鳥取県では、不妊治療を行っている方の経済的負担の軽減を図るため、特定不妊治療(保険外診療の体外受精及び顕微授精)及び特定不妊治療のうち男性不妊治療(精子を精巣又は精巣上体から採取するための保険外診療の手術)に要した費用の一部を助成しています。

 

 助成の基準、手続き等詳しくはリンク先をご覧ください。

 リンク先:鳥取県 子育て・人材局 家庭支援課「特定不妊治療費助成」のページ
 

2.人工授精

  鳥取県では、不妊治療を行っている方の経済的負担の軽減を図るため、人工授精に要する費用の一部を助成しています。

 

  助成の基準、手続き等詳しくはリンク先をご覧ください。

  リンク先:鳥取県 子育て・人材局 家庭支援課「人工授精への助成」のページ

3.不妊検査

  鳥取県では、ご夫婦がそろって不妊検査を受けた場合、検査にかかる費用の一部を助成しています。

 

  助成の基準、手続き等詳しくはリンク先をご覧ください。

  リンク先:鳥取県 子育て・人材局 家庭支援課「不妊検査費助成」のページ

 

4.不育症検査

 鳥取県では、不育症の方の経済的負担の軽減を図るため、不育症検査費用の助成を行っています。

 ※不育症…妊娠はするものの、流産や死産を2回以上繰り返す場合を指します。

 

 助成の基準、手続等詳しくはリンク先をご覧ください。

 リンク先:鳥取県 子育て・人材局 家庭支援課「不育症検査費助成」のページ

 

  

 
  
  

問合せ先

中部総合事務所 倉吉保健所 健康支援総務課 健康長寿担当
電話:0858-23-31430858-23-3143
FAX:0858-23-4803
  

Copyright(C) 2006~ 鳥取県(Tottori Prefectural Government) All Rights Reserved. 法人番号 7000020310000