12月4日(土)12時~13時は、本庁舎、第2庁舎等の電話・FAXがつながりません。詳細は、お知らせをご覧ください。

「身体障害者補助犬」について

身体障害者補助犬とは

「身体障害者補助犬」を知っていますか

 身体障害者補助犬法に基づき認定された犬で特別な訓練を受けています。盲導犬、介助犬、聴導犬の3種類があります。

「身体障害者補助犬法」を知っていますか

 「身体障害者補助犬法」は身体の不自由な人が補助犬と共に社会で活動できるように支援することを目的に平成14年に制定されました。この法律によって公共施設や公共交通機関、飲食店、デパートやスーパー、医療施設などの不特定多数の人が利用する所での補助犬同伴を拒むことはできないとされました。

盲導犬

 目の不自由な人を街の中で障がい物をよけながら安全に誘導します。
また、段差や階段、曲がり角をユーザーに知らせます。

介助犬

 からだの不自由な人の手足となって働きます。
ドアを開けたり、電気をつけたり、ベッドへの移動を補助したり、ユーザーの
障がいの程度にあわせた介助をします。

聴導犬

 耳の不自由な人に音を知らせます。
お湯の沸いた音、ドアのチャイム、電話やFAXの着信音、車のクラクションなどを聞きわけて伝えます。

街で補助犬を見かけたら

 補助犬はお仕事中なので、いくら可愛くてもなでたり気を引いたり、食べ物をあげたりせず温かく見守ってください。
もし、困っている様子ならユーザーに「何かお手伝いすることはありませんか。」と声をかけて、できるサポートをしてあげましょう。
「補助犬ユーザーが、いつでもどこでも自由に出かけられる。」そんな光景が「当たり前」となるようあたたかく見守り応援してください。
  

最後に本ページの担当課    鳥取県福祉保健部ささえあい福祉局障がい福祉課
    住所  〒680-8570
             鳥取県鳥取市東町1丁目220
    電話  0857-26-71540857-26-7154    
    ファクシミリ  0857-26-8136
    E-mail  shougaifukushi@pref.tottori.lg.jp

Copyright(C) 2006~ 鳥取県(Tottori Prefectural Government) All Rights Reserved. 法人番号 7000020310000