活動日誌

 県立公文書館が行っている日々の活動の様子を、ブログ形式でご紹介します。

  
2015年4月」で絞込み

2015年4月22日

民俗部会が「うぐい突き」の追加調査を行いました。

 平成27年4月16日(木)、民俗部会は、鳥取市気高町逢坂の溜池「大堤」で実施するうぐい突き(※詳細はリンク先参照)に関する追加調査を実施しました。
 この日は、秋のうぐい突きに備えて大堤の鯉を増やすために、うぐい突き保存会と逢坂小学校児童が共に鯉約50匹を放流しました。これは小学生には地元の伝統行事に参加することで、次世代に伝えようとする取り組みでもあります。  
 放流する鯉は、地元の方が昨年うぐい突きでとれた鯉を池で育てたものだそうです。秋に大きくなった鯉をうぐいで捕まえられるよう願いながら放流しました。
 また、鯉の放流後、子どもたちに郷土の文化であり暮らしを支えている大堤を美しくするために土手に芝桜を植える活動も行いました。子どもたちが郷土愛を培って文化を担ってくれることを期待します。

写真1
(写真1)児童に大堤とうぐい突きについて説明するうぐい突き保存会の谷尾さん


写真2
(写真2)放流される大きな鯉


写真3
(写真3)放流する鯉の稚魚


写真4
(写真4)水槽の鯉を捕まえようする児童たち


写真5
(写真5)30センチメートルほどの鯉を放流する児童


写真6
(写真6)元気よくはねる鯉


写真7
(写真7)芝桜の苗を植える児童


写真8
(写真8)大堤土手に以前に植えられた満開の芝桜

県史編さん室

公文書館 2015/04/22 in 県史編さん室,調査

2015年4月22日

現代部会は、「ち号演習に関する戦争遺跡」の調査を行いました。

 平成27年4月14日(火)、現代部会は『新鳥取県史 資料編 軍事兵事編』の資料調査の一環として、倉吉市大谷の四王寺山に残る戦争遺跡調査を鳥取県立博物館、倉吉市教育委員会と共同で行いました。当日は倉吉市大谷地区の方にご協力いただきました。
 この遺跡はち号演習(※詳細はリンク先「第64回県史だより」参照)と呼ばれる太平洋戦争末期の陸海軍の秘密作戦に関係する塹壕(ざんごう)などです。四王寺山には塹壕跡や物資・弾薬庫と思われる横穴があります。今回はその場所、現状の確認を実施しました(なお横穴は落盤の危険があり許可無く入ることはできません)。

写真1
(写真1)ち号演習で掘られたと思われる塹壕跡


写真2
(写真2)物資・弾薬庫跡と思われる横穴の入口


写真3
(写真3)物資・弾薬庫跡と思われる横穴の内部

県史編さん室

公文書館 2015/04/22 in 県史編さん室,調査

Copyright(C) 2006~ 鳥取県(Tottori Prefectural Government) All Rights Reserved. 法人番号 7000020310000