体育保健課では、近年、問題となっている学校管理下における事件・事故や各地で起こる地震等の災害・交通事故などの課題に対して、子どもたちが安心して生活ができるよう学校や地域における安全教育や安全管理の充実に取り組んでいます。
  

令和3年度第2回鳥取県学校安全研修会の開催について(10月25日)

 
 児童生徒自らが危険を予測し、回避する実践力の育成につながる教職員の指導力の向上を図るための研修会を開催します。 当日の持参物、また研修内容等の急な変更等はホームページでお知らせしますので、適宜ご確認ください。
○日時:令和3年12月9日(木) 午後1時30分開会
○会場:倉吉未来中心 小ホール等
○内容:「令和3年度第2回鳥取県学校安全研修会開催要項」 (pdf:121KB)をご覧ください。

地震発生を想定した地域合同避難訓練(学校安全総合支援事業における拠点校県立境港総合技術高等学校)

 令和3年10月13日(水)、「学校安全総合支援事業(下記参照)」の拠点校として防災教育の推進に取り組んでいる県立境港総合技術高等学校で、地震発生を想定した地域合同避難訓練が実施されました。 
 この訓練は、地震発生後、津波警報、原子力発電所事故による施設敷地緊急事態の発令を想定し、生徒が安全な場所に避難するだけではなく、近隣の保育園児、地域住民も学校の校舎内に避難するなど地域と連携したものです。
 訓練当日はあいにくの雨でしたが、地域の方々が交差点や曲がり角など危険な場所で学校に避難する方々を見守り、園児も安全に、スムーズに学校に避難することができました。
 10年以上前から取り組まれているこの訓練をとおして、生徒には「自助」だけではなく、「共助」の精神も確実に育まれています。

  syasin2  syasin   

~「学校安全総合支援事業」とは~
 学校や地域の実態に応じた学校安全推進体制を築くため、県教育委員会がモデル地域を指定し、その地域の市町村教育委員会等が中心となって地域全体での学校安全推進体制づくりを行う事業で、令和3年度は鳥取市気高地区(拠点校:浜村小学校)及び県立境港総合技術高等学校近隣地域(拠点校:境港総合技術高等学校)をモデル地域として取り組んでいます。
  

Copyright(C) 2006~ 鳥取県(Tottori Prefectural Government) All Rights Reserved. 法人番号 7000020310000